インディゴ

インディゴ

インディゴは、インディゴブルーとも呼ばれ、
それのみで染めると青色系に発色する植物染めです。

 

人によってはかゆみや、しみたりする人もいます。

 

通常、ヘナ染めの後に使い、ヘナカラーの赤身を消して茶色系にするのに使います。
1回では、明るい人には、インディゴの2度染めをする人もいます。
これで結構黒く感じます。

 

髪の毛が傷むことはありません。
100%のものなら、肌や体に悪いジアミンは入っていません。

関連ページ

ヘアダイ
白髪染めをしている人でたぶん1番多く使われている昔からあるカラー剤です。
ヘアマニキュア
ヘアマニキュアとカラートリートメントの違いについてまとめてみました。
ヘナ
白髪を染めるにはヘナという植物染めもあります。
カラースプレー
白髪を染めるには様々なものがありまあす。カラースプレーとはどのようなものでしょう。
酸性カラー
白髪を染めるには様々なものがありまあす。酸性カラーの実態とは。