さまざまな白髪染め

白髪染めの種類

白髪を染めるものには、カラートリートメント以外に、ヘアダイや植物染めがあります。
それぞれの特徴と短所を紹介していきます。

 

これを知ることによって、カラートリートメントの良さがわかるでしょう。

さまざまな白髪染め記事一覧

ヘアダイ

ヘアダイはほとんどのものがアルカリのカラー剤で、ジアミンという化学染料が入っていて、過酸化水素水と混ぜ合わせて染めていきます。昔は真っ黒色しかなかったですが、最近はかなり明るい茶色でも染まります。すぐに染まり色落ちも少ないです。いろいろな色もできます。地肌から染まります。ただし・・頭皮や髪の毛のダメ...

≫続きを読む

 

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、カラートリートメントと同じようにイオンの力を利用して染めていきます。カラートリートメントより良く染まりますが、その分地肌につくと取れにくいです。よって初めから根元ギリギリは染まりません。色は緑やピンクなど様々な色があります。カラートリートメントもこのように色が増えてほしいですね。髪...

≫続きを読む

 

ヘナ

ヘナはインドでとれるマメ科の植物で、昔から髪の毛や肌のカラーに使われてきました。日本でも長い間認可されませんでしたが、認可されています。100%のヘナでしたら、白色からオレンジ色が染まります。黒い髪の毛のほうはあまり染まりません。髪の毛はしっかりします。毛根近くまで染まるので、あまりすぐに白髪が目立...

≫続きを読む

 

カラースプレー

カラースプレーは、髪の毛を染めるの専用に作られているものがあります。よく中学や高校生が、髪の毛の明るさを消すために黒彩などの黒染めに使うのもそれです。色は真っ黒から茶色までいろいろな色があります。これをつけたからといって髪の毛が傷むことは基本的にありません。常につけると多少粘着剤などがのこり、ばさば...

≫続きを読む

 

酸性カラー

酸性カラーは通常ヘアマニキュアのようなもののことを言います。よって、髪の毛が傷まないカラー剤ですよという意味合いが強いですね。ここで問題なのはもともとアルカリのヘアダイを、酸性のものに作り替えているものです。確かに髪の毛や地肌は傷みにくいですが、ジアミンが使ってあったり、過酸化水素水をつかったり、・...

≫続きを読む